できないこともあります | 宴会をもっと盛り上げたい、そんなときはピンクコンパニオンを呼ぼう
menu

できないこともあります

寝そべっている女性

スーパーコンパニオンとの楽しい宴会を開催する際には注意しないといけないことがあります。
それは何なのかというと、宴会にではどんなことでも思う存分楽しめるというわけではない、という点です
スーパーコンパニオンというのは、派遣会社から派遣されてやってくる人、つまり仕事として宴会場にやってきているという事です。
そのため、宴会を盛り上げる上で「ここまではOK、ここから先はNG」というような仕事としてOKとNGの線引が明確に決まっています。
その判断の基準は働く人の契約であったり、はたまた法律などの国や自治体が定めたものであったりと、非常にさまざまなものになります。
したがって、このOKとNGの境界を超えてしまうとスーパーコンパニオンというのはサービスの提供がその場でストップするように判断をしてしまったりすることもあるのです。
アルコールが身体に入っているとどうしても物事の判断基準が緩くなってしまいがちですが、スーパーコンパニオンとの宴会をしっかりと楽しみたいという時にはきちんとしたOKとNGの境界を把握した上で、激しくしかし紳士的な態度で宴会を思う存分楽しむようにしましょう。
また、他の参加者が暴走してしまっていると思った時には、宴会の盛り上がりを冷ますこと無く、かといって放置する事のないようにしっかりとやり過ぎは駄目だ、と言って暴走を止めるようにしましょう。